どうも。いもづるです。

今回は、ヘアカラーの持ち込みメニュー

を行っている美容室について見解してい

きたいと思う。

 

そもそも、市販のカラー剤を購入してき

て持ち込みOKな美容室で染めても綺麗に

染まるのか?と言うのが疑問に思う方も

いいのではないでしょうかね?

 

「髪の色を変えてイメチェンしたい」

いう時、みなさんはどうしていますかね?

 

大半の方は、美容室に行きカラーして

う。または、家で自分で染髪してみる。

 

この2通りではないでしょうかね?しか

しながら、どちらもそれなりの妥協、ま

たはリスクがありますよね?

 

美容室で染髪する場合、カラーの代金が

けっこう高めで出費は痛い。

 

美容院まで足を運ぶのがめんどくさい。

たは、時間がない。自分で染髪する場

合、染めた髪の毛に必ずと言っていいほ

ムラできる。

 

毛染め剤の成分がハンパなく強くて、髪

毛が痛む。など様々ですな。

 

今回はこの2通りのやり方を混ぜたよう

な、美容院にカラー剤を持っていって、

染髪しもらう持ち込みについて見てい

きたいと思いますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

そもそもカラー持ち込みってなんで誕生したの

これは普段美容室で染髪している方が

どうして美容室のカラーはこんなに値段

が高いんだ?」

 

という疑問を持ったところが始まりだと

思いますな。

 

そこから、カラー剤が高いなら、自分で

カラー剤を持っていけば安価で出来るは

ず、という安易な考えから生まれたもの

ですな。

 

しかしながら、カラー剤の値段は気にな

るところですよね。

 

そして、なぜあの値段になるのかを見て

行きたいんだが、まず、実際のところ

ラー剤はさほど高くはありません。

 

なんなら、市販の毛染め剤と値があまり

変わらない物もありますな。

 

しかし美容室のケースだとそこに技術料

が加わってきますな。

 

この技術料は美容師さんが苦労して取得

した職人技なので、素人が簡単にマネで

きるようなものではありませんな。

 

この職人技を得て、カラーした時の均等

や、発色の良さが生まれる訳ですな。

スポンサードリンク

市販で買ってきたカラーを美容師が染めているだけだぞ!

市販で売っている毛染め剤で美容師さん

染髪してもらう。

 

果たして、これで本当に納得のいく色に

髪できるのでしょうかね?

 

実際のところ、そんなうまい話はありま

んな。

 

美容師さんは毛染めを施術する際、その

お客様の髪の状態、またはどういった色

の毛にしたいかを詳しく聞き、カラ

ー剤決める。

 

そして「お客様の要望に極力近づける」

といった企業努力をされていますな。

 

しかし、その美容師さんに毛染め剤を持

て行き、「この色にしてください!」

と言っても、正直美容師さんは八方塞が

りの状態なのですな。

ましてや、カラーなど髪の毛の事につい

プロの方に、毛染め剤を持って行く

のはあまりにも失礼な事だと思いますな。

 

⇒ヘアカラー蕁麻疹とカブれが出たら早急に止めろ!治療法は?

本当にその色にしたいのであれば、最初

ら何も持たずにお店に出向いた方が

っぽど仕上がりは良いと思いますね。

 

とは言っても、美容師さんも客商売です。

 

「この色にはできません。」とは言いま

せん。むしろプロとして言えません。

 

それでも、プロなりの努力を精一杯して

れるでしょう。

 

技術や機械を駆使して、お客様の要望に

づけてくれるでしょうね。

持ち込みカラー美容室が大間違いな理由とは?

持ち込みカラーについて全否定する気はあ

ません。しかし、「綺麗に髪の毛を染め

る」という根本的な目的を本当に達成でき

ているのでしょうかね?

 

「この色に染めたい」という希望がありな

がら、美容室に毛染め剤を持ち込み実際施

術してもらい、自分の納得のいくカラーに

染まらなかったら美容師さんの腕に責任を

なすりつける。

 

この様な考え方はあまりにも残念ですな。

 

本当にお客様を納得させるカラーをしたい

のであれば、持ち込みの毛染め剤を許可し

ているのはおかしい話ですよね。

 

⇒セルフカラーで上手く染めるコツなどない!ブロッキングも同じ!

そして、何より一番迷惑しているのは高品

質な施術やサービスを行っている質の高い

お店ではなかろうか?

 

このご時世、品質=髪のカラーの完成度よ

りも安さ=市販の毛染め剤を重視してしま

っているお客様を狙い、低施術な美容室を

増やし、結果的にお客さんが一番の被害者

繋がっていると思いますな。

 

こうなると美容師さんの需要が減っていく

事に繋がってしまうと個人的に思いますな。

 

「困るなら持ち込み可にすれば良いじゃん

と考える方もいるかもしれませんが、

そこは美容師さんの「髪のプロ」という意

識がうさせないのだと思いますな。

スポンサードリンク

そもそも綺麗に染まるわけねーだろ!そこを理解しよう!

一息おいて考えてみると市販の染め液を

さんがやったからと言っても、ムラな

く染めれわけがありませんな。

もちろん、素人の方たちよりは綺麗に染髪

るかもしれませんが、自分の髪の毛に

合っているかどうかもわからない毛染め剤

で、麗に染めるのは、「不可能そのもの」

ですな。

 

⇒ヘナは痛む?はい痛みます!頻度ややり方を間違えたら!

正直、市販のもので綺麗に染まるのなら、

美容室などは存在していないはずですか

らね。

最後に

いかがでしたか?

今回は、持ち込みカラー美容室の現状や施

術内容に関して見解して行きました。

 

カラー持ち込み美容室というものに正直

ますね。

 

いくら本物の美容師さんがそこのお店に在

しているからとはいえ、自分でお客様に

似合髪のカラーを提案したすることは

ないのですかね。

 

個人的に美容師という誇りをもって施術し

欲しいというのが本音ですな。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!