どうも!いもづるです!

今回はブリーチ後のパーマについてそのリス

クと失敗、チリチリになる原因などについて

見ていきたいと思います。

 

ブリーチ後のパーマは、チリチリになり失敗

する確率がハンパないです。

 

パーマ失敗したことありますか?

 

パーマで失敗すると本当にショックですわな

 

パーマだけではなくなんでも失敗すればショ

ックですが。

 

パーマで失敗するとどうなると思います?

 

ほとんどの人が髪の毛チリチリになってしま

います。

 

髪の毛チリチリになるって相当ショック受け

ますわな。

 

なぜチリチリになると思いますか?

 

なぜパーマ失敗すると思いますか?

 

基本的に健康な元気な髪の毛の場合、失敗す

ることはほぼありません。

 

美容師が下手過ぎて失敗。

 

ということもほとんどありません。

 

今の時代パーマを施術する機械がかなり進化

しています。

 

時間さえセットすれば勝手に止まってくれま

すしね。

 

では、一体なにが問題でパーマが失敗してし

まうのか。

 

1番の問題としてはダメージです。

 

特にパーマをする前などに髪の毛を染めた、

ブリーチしたとなるとちょっと待てよ。

 

という話になってきます。

 

というわけで今回は、パーマの失敗について

スポットを当ててお話していこうと思います

 

パーマの失敗をして苦い思い出のあなた、そ

の原因がわかるかもしれませんよ。

 

ではでは、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

ブリーチ後にパーマ失敗してチリチリになっている奴はアホ!

まずパーマ失敗したことある人、失敗して髪

の毛チリチリになっている人、あなたもしか

してパーマの前にブリーチしてませんか?

出典https://www.youtube.com

まさか、ブリーチの後にパーマかけてもいい

と思ってませんか?

 

まず、パーマのお話ですが、パーマには水で

行うパーマと熱で行うパーマの2種類があり

ます。

 

どちらももちろん薬剤を使用します。

 

さらに、水の方が髪の毛へのダメージは少な

いですが、水だろうが熱だろうがダメージが

あります。

 

それも軽いダメージではありません。

 

それなりのダメージが髪の毛にかかってきま

す。

 

次にブリーチですが、ブリーチは髪の毛の色

素を抜く施術です。

 

髪の毛を明るく染めるとき、違う色に染める

ときなどに行いますわな。

 

そんなブリーチですが、ダメージがないと思

いますか?

 

そんなわけありませんわな。

 

もちろんブリーチをするとダメージを受けま

す。

 

つまり

 

髪の毛をブリーチ=髪の毛へのダメージ。

 

パーマ施術=髪の毛へのダメージ。

 

と、連続して髪の毛へダメージを入れること

になります。

 

もう、髪の毛悲鳴をあげるどころじゃありま

せんわな。

 

髪の毛ボッコボコに殴られてますわな。

 

そうダメージこそがパーマの失敗。

 

チリチリになる最大の原因なんです。

 

つまり髪の毛がダメージに耐えられなくなり

ノックダウンしてしまうのです。

 

もう、髪の毛をそんなにいじめないでくださ

い。

 

パーマ失敗した人、思い当たることありませ

んか?

 

パーマの前にブリーチしてたりしてませんで

したか?

 

髪の毛をもう少しかわいがってあげてくださ

い。

スポンサードリンク

そもそもブリーチ自体がなんなのかを理解をせよ

そもそもブリーチが一体なんなのかというこ

とをわかっていない人がたくさんいます。

 

ブリーチのことを少しお話しようと思います。

剤のことです。

 

⇒市販ブリーチにオススメはない!2回3回は危険!

日本人の髪の毛の色は黒いので、その上から

色を塗ってもキレイに染まりません。

 

ですので、明るい色に髪の毛を染めたい場合

は、ブリーチで一旦色素を抜いてから染める

ことによりキレイに染めることが出来ます。

 

しかし、髪の毛の色素を抜くのですから当然

髪の毛にダメージが入ります。

 

意外にダメージなんて受けないと思っている

人もいますが、思いっきり受けます。

 

それも結構大きいダメージを受けます。

 

なぜそこまでダメージを受けるというと、ブ

リーチで髪の毛の色素を抜くと同時に、髪の

けに必要な栄養も抜いてしまうからです。

 

元々のダメージが深刻な場合、なんと髪の毛

が溶けてしまうことだってあります。

 

怖いですわな。

 

ブリーチをする場合、しっかりと美容室で行

いましょう。

 

このように、ブリーチはキレイに髪の毛を染

めるときや、色素を抜いて髪の毛を明るくす

るときに使用します。

 

ただダメージは凄まじいです。

 

髪の毛の色を抜いてしまうのですから当然と

言えば当然ですわな。

 

ブリーチは便利な施術ですが、それだけのリ

スクもあるということです。

 

ブリーチのことあまりわかっていなかったあ

なた、わかってくれましたか?

 

自分の髪の毛なんですから、しっかりどんな

ことが髪の毛におこるか理解してから行いま

しょう。

 

⇒ヘアカラー失敗で明るすぎた!対処法やシャンプーと暗くするコツ!

ブリーチ後にパーマ失敗して美容師に文句言っている奴は美容室に行く資格なし

ブリーチをした後にパーマを行って失敗して

、それを美容師のせいなんかにしている人な

んていませんよね?

 

まさかいるんですか?

 

そんな人美容室に行く資格なんてありません

よ。

自分の家で髪の毛切ってください。

 

じゃ、ブリーチをしたらパーマは出来ないの

 

というわけではありません。

 

もちろん髪の毛へのダメージを考えるとしな

い方が無難ですが。

 

ではどうすればいいのか。

 

まず、ブリーチ後にパーマをかけたいのであ

れば、最低でも1週間は間をあけてください

 

この期間中に髪の毛を休ませてあげて、傷つ

いた髪の毛を回復させてあげるのです。

 

しかし、中には1週間も待てない、今すぐパ

ーマをかけたいんだ。

 

というわがままな人もいるかもしれません。

 

そういう人は比較的刺激の少ないエアウェー

ブパーマやケラチンパーマを施術することを

おすすめします。

 

しかし気をつけなければいけないのが、あく

までも低刺激なだけで、ダメージは受けます

 

そのダメージにより髪の毛がチリチリになる

可能性があります。

 

あくまでも自己責任で行って下さい。

 

自分の髪の毛なんです。

 

人のせいにせずに、しっかりと自分で判断し

て施術するようにしましょう。

スポンサードリンク

まず本当に自分の髪の毛にブリーチが必要なのか問いかけろ!

そもそものお話なのですが、あなた本当にブ

リーチ必要なんですか?

なんとなくブリーチした方がいいとか、いつ

もしてるからブリーチする、とかになってい

ませんか?

 

しっかりよく考えてください。

 

髪の毛や頭皮にダメージ与えるんですよ?

 

そんなホイホイしていいものではないんです

よ?

 

髪の毛の色を薄いから濃いに染め直す場合、

ブリーチなんて絶対に必要ありませんわな。

 

確かに髪の毛がキレイに染まりますし、どう

せ染めるならキレイに染めたいという気持ち

もわかります。

 

でも、そんな軽い気持ちで取り返しのつかな

いことになってしまうときもあるんです。

 

髪の毛が溶けてからでは遅いんですよ?

 

髪の毛がチリチリになってからは遅いんです

よ?

 

今の自分の髪の毛の状態、するべき色なのか

の判断をしっかりしてから施術するべきです

 

もちろんダメージを受けていることがわかっ

たらその時点で絶対にしてはいけません。

 

もし自分の髪の毛の状態がわからなかったら

美容師に聞いて下さい。

 

美容師ならきっと今あなたの髪の毛がどんな

状態なのか、どうすればいいのかを教えてく

れます。

 

経験のない美容師だと微妙ですが。

 

ブリーチをする際は、本当にするべきがどう

か自問自答してから行うようにしてください。

 

⇒ヘアカラーの髪色が抜けやすい期間や季節などあるのか?

最後に

どうだったでしょうか?

 

髪の毛がチリチリになってしまうパーマの失

敗の原因わかりましたか?

 

髪の毛しっかり労ってあげないとだめですよ

 

ということですわな。

 

髪の毛の1番の天敵はダメージです。

 

ダメージは蓄積されると髪の毛が破壊されま

す。

 

1度破壊されてしまった髪の毛を元に戻すの

はほぼ不可能と思って下さい。

 

壊れてしまったものは戻らないのです。

 

壊れる前にしっかりと髪の毛のケアをする、

無駄なダメージは与えない、無駄なブリーチ

、パーマ、カラーリングはしないということ

ですわな。

 

もちろん何もしなくても髪の毛はダメージを

受けますからケアは必要ですけど。

 

しっかりと自分の髪の毛かわいがってくださ

い。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうござ

いました。

その他の関連記事は下をスクロール!