どうも!いもづるです!

今回は美容室のチラシ戦略について見てい

きたいと思います。

 

美容室のチラシには、綺麗でかわいいチラ

シは使うなと言いたいですね。

 

美容院経営してますか?

 

それとも美容室で働いていますか?

 

美容師、それは人の髪の毛をカットしたり、

 

染めたり、その人の雰囲気を変える職業です

わな。

 

子供の頃美容師に憧れて美容の世界に飛び込

んだ人も大勢いるかと思います。

 

しかし、実際の社会はそんなに甘くないです

わな。

 

美容室を経営している人はもちろんですが、

美容室で働いている人もなぜ働くのか、それ

は言ってみれば生きるためですわな。

 

美容師と言ってもそれは仕事です。

 

ボランティアでカットしている人なんていま

せんわな。

 

たまにいそうですが。

 

お金を稼ぐことに美容師を選んだわけですか

ら。

 

では一体どこからお金が入るのか。

お客さんですわな。

 

お客さんがいなければお金は絶対に入ってき

ませんわな。

 

つまり、お客さんが来なければ美容師の給料

も払えないし、美容室も維持出来ません。

 

当たり前のことですわな。

 

日本全国美容室はたくさんあります。

 

その中からあなたの店を選んでもらうために

は色々な工夫、努力が必要です。

 

ただ待っていてもお客さんは来てくれません

 

技術があってもお客さんが来てくれないと口

コミでも広がりません。

 

難しいですわな。

 

ということで、今回は宣伝効果に期待ができ

るチラシについてスポットを当ててお話して

いこうと思います。

 

ではでは、早速行ってみましょう。

スポンサードリンク

美容室のチラシ作成で集客したければ絶対に手書きだ!

お客さんを集客するにはどうしたらいいのか。

それは自分のお店を知ってもらうことです。

 

どこにあって、どんなスタッフがいて、どん

なカットやカラーリングのメニューがあって

、価格はいくらで、店特有のポイントはこれ

です。

 

みたいな宣伝が出来れば興味を持って来客し

てくれるお客さんも増えると思います。

 

そんな宣伝ですが、1番効率的で効果がある

のはテレビCMですわな。

 

老若男女色々な人が見ていますから。

 

しかし、デメリットとしてかなり高いです。

 

テレビCMって目ん玉飛び出るぐらい高いで

す。

 

そのお金が来客数アップでペイ出来ればいい

のですが、なかなか怖いですわな。

 

宣伝にお金をかけても集客が100%アップ

出来るかどうかは誰にもわかりません。

 

そんな時に便利なのがチラシです。

 

新聞なんかに毎日挟み込まれてますわな。

 

テレビよりは宣伝効果は薄れますが、価格も

手頃で人の目につきやすいです。

 

店の前にポスター張っておくより100倍い

いです。

 

さらに、集客を見込める方法としてあるのが

、チラシの作り方です。

 

もし、チラシを作成しようと思うのなら10

0%手書きがいいです。

 

手書きはセンスもいりますし、時間もかかり

ます。

 

しかし、大事なのは他社との差別化です。

 

みんなと同じことをしていてもダメに決まっ

ています。

 

他と差別化を図ることで初めて集客が見込め

るのです。

 

本気で集客したいのなら手書きのチラシ一択

です。

スポンサードリンク

集客したければきれいでかわいいチラシはやめろ!お客さんはもう見飽きている!

美容室のチラシでよくかわいらしいチラシを

見ます。

 

ハートがいっぱい。

 

キラキラがいっぱい。

 

かわいいキャラクターがいっぱい。

 

・・・・もうたくさんです。

 

もう、見飽きました。

見飽きたと思うお客さんはそりゃ大勢いると

思います。

 

なぜかわいいチラシになってしまうのか。

 

それはずばり女性が作る、もしくは女性がチ

ラシ作成の中心になっているからです。

 

女性がオーナーの美容室はそのオーナーが意

見を言うでしょう。

 

もちろん女性従業員も意見を言うと思います

 

しかし、男性オーナーは大抵女性従業員にま

かせてしまいます。

 

男性従業員の意見もあまり聞きません。

 

男性は大抵、

 

女性の方がセンスがあると思っている。

 

作成するのが、考えるのが面倒くさい。

 

なんて思っています。

 

ですので、女性の人にまかせてしますんです

わな。

 

そうなってくるともう女性目線のチラシしか

出来ません。

 

そりゃかわいくもなりますわな。

 

世の中の美容室のチラシはこんなのばっかり

です。

 

そりゃ美容室と言えば女性が行くイメージが

強いですから、女性目線でチラシを作ること

は間違いではありません。

 

しかし、みんながみんな同じことをしていて

目につくと思いますか?

 

「あっ美容室のチラシか」

 

で終わってしまいますよ?

 

せっかくお金をかけて一生懸命作ったのに。

 

インパクトのあるチラシだと、

 

「何このチラシ、あっ美容室なんだ、ふーん、

おもしろい」

 

という反応に変わってくれます。

 

そこでどこにあるのか、場所だけでも確認し

てくれたらこっちのものです。

 

来てくれる確立はグンッとアップします。

 

女性目線で作るのはいいです。

 

しかし、キラキラかわいいチラシはダメです

 

他との差別化を図りましょう。

 

男性オーナーも男性従業員も意見をしっかり

言ってください。

 

売上落ちると給料払えないんですよ。

 

⇒美容師に偉そうにされウザくて嫌な思いをしてもう行きたくない奴!

世の中の美容室がやっていない真逆の発想でチラシを巻け!何なら白黒でもいい!

世の中で大抵チラシを配るといったら、新聞

紙や雑誌やフリーペーパーだと思います。

 

なぜそういうものに頼るのか。

 

答えは簡単。

 

楽だからです。

チラシさえ作れば勝手に運んでくれますから

ね。

 

でも、やはりお金がかかりますし、配る数と

いうのは限定されます。

 

さらに、みんなやっていることですから見る

側からすれば、いつも入っているただの美容

室のチラシになってしまいます。

 

これでは集客は見込めません。

 

なかにはチラシを出したのに集客がアップし

ないと嘆いている美容室もあるかと思います

 

やはりみんなと同じではダメなんです。

 

誰もやっていないこと、チラシをまきましょ

う。

 

もう大量のチラシを用意して色々なところに

散らばってチラシをまきましょう。

 

もし、そんなに大量にまいたら印刷代が大変

なことになる。

 

と、思っているなら白黒でいいです。

 

とにかく人がしていないことをしてアピール

しましょう。

 

大声だしてまきましょう。

 

無視されても心折れたらダメですよ。

スポンサードリンク

ネット上によくある「きれいでかわいいチラシを安値で作ります!」に惑わされるな!

チラシを作成する時1番最初に検索するのは

ネットでしょう。

 

そのネット上には、

 

「きれいでかわいいチラシを安値で作ります

!」

なんて書いてあることが多いですが、惑わさ

れないでください。

 

そんな、きれでかわいいチラシが安く出来る

なら他の業者は潰れてしまいます。

 

大抵基本料金が安いだけで、色々な注文はオ

プション扱いされて、そのオプション料金が

ばか高いという流れです。

 

結局他と変わらないか高くなるのがパターン

です。

 

でも、本当に安い場合もあります。

 

しかし、大抵そういう時はクオリティがもの

すごく低いです。

 

下手したら素人でも作れるんじゃないのかと

いうレベルでお金を要求してきます。

 

もちろんそういった業者ばかりではありませ

ん。

 

しかし、安かろう悪かろうの場合が多々ある

ということです。

 

1番確実な方法は色々な業者から見積もりを

とって相見積もりを行うことです。

 

そうすれば、大体の相場もわかってくると思

います。

 

ネットで注文もいいかもしれませんが、地元

の企業にお願いしてしっかりと打ち合わせを

行い、自分達の納得のいくものを作成しても

らうという方法もあります。

 

甘い言葉には裏があるということを忘れない

でください。

 

⇒低料金美容室のトリートメントは意味ないし効果ないからマジやめろ!

最後に

どうだったでしょうか?

 

チラシのこと少しはわかりましたか?

 

しかし、チラシはあくまでも自分の店を知っ

てもらう初歩の宣伝です。

 

チラシを出せばお客さんが来てくれるわけで

もありません。

 

やはり1番確実で集客が望めるのは口コミで

す。

 

口コミで広げるためには、お店の雰囲気、従

業員の態度、技術の高さなどたくさんの要因

が必要になってきます。

 

しかし、1度いい評判が広がれば後はその評

判を維持すれば商売繁盛間違いなしです。

 

もちろんそんなにすぐ効果も結果も出てきま

せん。

 

長い目で見て考えて行動しないといけません

 

そのきっかけを作るチラシ。

 

ぜひ他と違うチラシを作成してください。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうござ

いました。

その他の関連記事は下をスクロール!