こんにちは。いもづるです。 今回はしょっちゅう美容室や美容院を

毎回替える人の心理について見解して

いきたいと思う。

 

基本的に、美容院を毎回替える人は気

に入った美容師を中々見つけられてい

ない人が多いので、あっち行ったりこ

っち行ったりして結局理想とする髪型

にならないので、また違うお店を探し

ては同じ結果になる人が多いんだな。

 

今回はそんな人たちの心境やこれか

の心構えを解説していきたいと思う。

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

美容室をしょっちゅう替える人と替えない人の違いは何?

管理人も美容師なので自分の髪型が理

想と違ったり、上手くイメージ通りと

違ったらテンションが下がりモチベー

ションまで失うこともたまにあります。

 

なので、これらの事って本当に気持ち

が わかります。

 

管理人がよく聞く話では、毎回美容室

を 替える人よりはずっと長年同じ美容

室に 通い同じスタイリストに担当して

もらっ ていると言う人の方が多い。

 

しかしながら、少数派ではあるがしょ

っち ゅう美容室を変えて前回とは全く

違う美容 師に担当してもらっていると

言う人も珍し くない。

 

では、なぜ毎回違う美容室に行くのか

と言うことだが、これは美容室を替え

ていると言うことではなく、美容師を

探していると言った方が話は早いので

はないか。

 

中には別に気に入った美容師を探して

いると言う訳でもなく、同じ美容室に

行くのが飽きるので毎回違うところに

行き、アンケートや会話の話も適当な

事を書き優越感に浸ると言う人も中に

いたが、ほとんどの場合は前者なので

はないか?

 

つまり、しょっちゅう美容室を替えて い

る人は美容室を替えているのではなく、

美容師を探す旅に出ていると言う 事の方

が圧倒的に多い。

スポンサードリンク

美容室を毎回替えていると損をする?

もう今の美容室業界の現状は、ご新規 様

は割引クーポンなどの特典があり、 新規

で初めて来店するお客さんはこ の特典に

惹かれそのお店を選ぶ傾向 がある。

 

⇒美容室の変わったサービスや嬉しいサービスをまとめてみた!

しかし、この特典だけに目がいってし ま

い本来理想とする髪型に重点を置か ない

と値段以上の損をしてしまう傾向 が高く

なるんだな。

 

要は、毎回美容室を替えているとどん な

に腕のいいスタイリストであろうが たっ

た1回の施術だけでは、全ての髪 質や骨

格などが理解出来ない事が多く それらが

、完成度のハードルを高くし てしまって

いる要因になり、なおかつ 前回施術した

スタイリストの痕跡が残 っていると言う

事になります。

つまり、前回施術した痕跡が消えるま

で 最低でも3か月~半年、1年はかかる

もの なので、毎回美容室を替えている

人は結 論から言えば、毎回歯医者を替

えて歯を 治療しているのと同じことな

のですな。

 

従って、毎回美容室を替えている人は

毎 回スタイリストも変わると言うこと

なの で毎回違った髪型になり個性もバ

ラバラ になると言うわけだな。

スポンサードリンク

結局安さにつられて選んでいる人が大半?

結論から言えば、あまりクーポンや安さ

だけでは美容室は選ばない方がいいと言

うのが最善の策と言えますな。

 

⇒美容室で濡れたまま放置や担当者によってやり方が変わる店はやめろ!!

これは得に今は、ホットペッパーなどの

大手の広告業者が過剰なほどの値段で美

容室を宣伝しているが、大人世代よりは

若い10~20代の女子がこの様な広告に引

っかかり、安い美容室に来店するケース

が後を絶たない。

 

しかし、若い頃はそれなりに髪の質が ま

だ綺麗な時期なので、美髪を維持出 来る

事は可能だが、年齢とともに髪の 質が悪

くなりボリュームもダウンして 行くこと

になるので、コロコロ美容室 を替えてス

タイリストも変わってはい つまでたって

もあなたの髪質を解かっ てくれる美容師

は存在しないでしょう。

 

なので、「安い」と言う項目だけに注力

するのではなく、自分の髪型や毛質と言

う一番大事なことを理解してくれるお店

を探す事が最優先すべきものなのだ。

スポンサードリンク

毎回美容室を替えている人は髪型がヘンな人が多い?

髪の毛にコンプレックスを抱えている

人はかなり多いのではないか?

 

⇒美容師はなぜバカや頭悪いと言われるのか!?本当にバカなのか?

例えば、「髪の量が多い」、「髪のボリ

ュームが出ない」、「クセ毛が強い」と

言った事は日常茶飯事にどこの美容室で

も悩みとして注文されることだと思う。

 

髪質が困難で難しくなるほどスタイリ

ストの腕が試されるものであり、今の

お客さんのニーズもかなり多様化して

いる。

 

従って、安い美容室だからと言って

安かろう悪かろう」と言う時代は終わ

りに近づいている傾向にあり、安い美

容室でも高度な技術や接客が求められ

ている。

 

ただ、そんな現状とは裏腹にしょっち

ゅ う美容室を変える人は、「安さ」や

「美 容師」を探す旅に出ている最中な

ので、 自分の理想が伝わらずにヘンな

髪型にさ れる事が非常に高確率で多い。

 

特に、毎回美容室を変えている人は自

分 にピッタリの美容師に当たるかなん

て運 の要素が非常に高いので、毎回宝

くじを している事と同じ事である(‘_’)

 

なので、確実にへんな髪型になるのが

嫌 であれば有名でちょっとは名前が売

れて いる美容師を見つけて指名するの

が基本 中の基本だと言える。

 

ネーミングが売れていると言う事はそれ

だけ少なくとも実績があると言う事なの

で、全く知らないその辺の安い美容室の

スタイリストにやってもらうよりは信頼

性が高いと言う事である。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、毎回美容室を替える人のために

少しはタメになる事をシェアさせて頂い

た。

 

確かにこれらの問題は難しく永遠のテ

ーマ になるだろうが、ここで一つ確実

に理解し ておいて欲しい事が、「本当

に上手なスタ イリストにクーポンや値

引きなどない」と 言う事です。

 

これだけは、美容室に行くときにいつも

に入れておいて欲しいと思う。

 

これからあなたのライフスタイルで髪型

上手く融合して、綺麗に保てる事を願

う。

 

それでは今回も最後までご覧頂き本当に

あ りがとうございました。

その他の気になる関連記事下をスクロールしてね!