どうも。いもづるです。

今回は今後の美容室業界の動向や将来

などについてピックアップしていき

たいと思います。

 

今やカリスマ美容師ブームは去り、

去の栄光となりつつあります。

 

もちろん腕の良い美容師さんはたくさ

んいるのですが、個人店であったり中

小美容室で雇われている人は、なかな

か自己アピールもできず、宝の持ち腐

れのような状況になっていますな。

 

お客さんは今、何を求めて美容室に来

られているのか?個人店や中小美容室

のメリットとは?

 

大手美容室のデメリットとは?今回は

これからの美容業界で生き残るため

にやっておくべきことを見ていきたい

と思いますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

今後の中小美容室経営は高単価しか生き残れない!

都会の美容室は高いとか、田舎だから

安いとかは全く持って関係ないですな。

 

カットの技術で10000円を払ってでも、

あの人にしてもらいたい!と思われる

なら良しですが、そうでないなら腐る

ほど美容室はある訳ですからいかに独

自のブランディングが大事かになりま

す。

 

リピーターを増やすことも顧客を離さ

ない事も大切ですが、まずは基礎が出

来ていなければすぐにうわべは剥がれ

てしまいます。

 

殺伐とした雰囲気の美容室では、リラ

ックスできませんし満足できないお店

にお金を使うのは、もはや価値そのも

のがありませんな。

接客サービスが良いだけではなくて、

これからはスタッフ間の考え方であっ

たり、理想を共有しお店全体を通して

お客さんに喜んで貰えるお店作りを目

指すのが当たり前の前提ですな。

 

信頼を寄せていただけるような経営を

して行くのは大前提であり、その上で

単価はお客さんの満足度を知るバロメ

ーターになるわけです

 

本当に10000円払っても、損した気分

になるかならないかで、お金の価値は

変わってくるのでシビアな考えですが

お客さんは良いものつまり価値を感じ

れるものにはお金を投資するのです。

 

美容師側が中途半端な接客サービスを

提供してしまっては本末転倒なわけで

、薄っぺらいアドバイスや小手先だけ

の技術ではもはや生き残って行くのは

無理ですな。

 

同じカットなら安い方がいいし、安く

て上手い美容室なら、お客さんはそっ

ちに流れますからね。

 

美容室での待ち時間も、待たされてい

る間にどれだけ自分を見てくれている

のかをお客さんは居心地が良いかどう

かで判断します。

 

いくら早くて安くても、居心地が悪い

のは、すぐに見ぬかれてしまいますな。

スポンサードリンク

大手と同じ薄利多売経営では廃業まっしぐら

大手美容室の強みは広告宣伝費をかけ

られることや、人材確保、さらにはス

タッフ同士切磋琢磨して技術の向上を

目指す力が中小美容室より大きいとこ

ろだと思いますな。

 

雇用保険や社会保険など会社経営にな

っているお店は、福利厚生もあって雇

用者にとっては安心出来るポイントで

す。

 

事業主は、スタッフの方により良い環

境で働いてもらうために設備投資や環

整備なども行う必要がありますな。

馬車馬のように低賃金で、上からやら

されている仕事ではやりがいを持てる

ハズもありませんし、人材確保なんて

無理でしょう。

 

⇒バカな美容師はお気に入りやタイプの客には接客時間が長い!

スタッフが楽しく働けて、賃金にも納

得してもらえることが人材確保する経

営側の最も重要な仕事ですが、そんな

店は今の日本では到底不可能です。

 

美容師は他業種に比べ、ボーナスなど

もない拘束時間も長い休憩も少ない賃

金が安いでは、誰もやりたいとは思わ

ないですな。

 

そのままでスタッフの不満をお座なり

にしてしまう事は経営者として失格で

すし、余談だが今後の美容室業界に未

来などないです。

 

スタッフにやる気を出して働ける環境

を整えることがお店の生き残るために

絶対不可欠なことだと大口を叩いて述

べている経営者などがたまにいるが、

こんな奴らの話をまともに聞いていた

ら、超低賃金で奴隷の様に働かされて

人生を終わらす事になります。

 

もはや中小美容室にメリットは見当た

らず、雇われ美容師の今後は相当厳し

い環境に追いやられる事になるのは間

違いない。

 

会社経営などの大手美容室は、いちス

タッフがわざわざオーナーに物申すこ

となどあり得ませんから直属の上司で

あったり、幹部であったりがオーナー

の考えを下の子達にしっかりと伝承で

てオーナーと幹部との信頼関係がな

いと下の子達はオーナーを尊敬する事

はありません。

 

なので、中小美容室ならではの策を持

って大手が出来ない高単価などのサー

ビスや商品などを独自開発し高単価客

だけを絞ったターゲディングで価値を

提供していく戦略でないと今後の中小

サロンの未来はないですな。

スポンサードリンク

中小美容室は大手ができない独自のブランディングを構築せよ

あなたは、ブランディングをご存知で

すか?

 

簡単に言うと「独自ブランド」を確立

する事です。

 

⇒これからの美容室業界の動向や現状はヤバいよ!

ブランドとは、希少価値であったり個

のもつイメージであったり他にはない

唯一無二の存在の事ですな。

 

プラダやルイ・ヴィトンなどハイブラ

ンドと呼ばれる物から、GUやしまむ

らなども同じブランドなのです。

 

最近では、しまむらブランドの品質や

(しまパトロール)などと言って、

々しまむらを見に行って掘り出し物を

見つけるなどの宝探しゲーム感覚でユ

ーザーを獲得するなどの楽しめるお店

作りになってきていますな(^^)

 

しまむらやGUは、価格もリーズナブル

で消費者の手に入りやすいのですが、

ヴィトンなどは簡単には手に入らない

価格です。

 

しかし、ここで安くすればお客さんが来

ると言う発想で中小サロンが大手と同じ

戦略でマーケティングをしてしまうと必

ず潰れます。

 

中小サロンの鉄則は大手が出来ないマー

ケティングを独自で築き、大手が参入し

てこない土俵で戦うべきなのです。

 

⇒美容師は貯金するな!自己投資をして稼げる知識を身につけろ!

大手と同じ土俵で戦っても個人は勝ち目

はありません。

最後に

いかがでしたか?

今回は、今後の美容室業界の動向や将来

性などについて解説させて頂きました。

 

単価は言わば、そのお店の価値でありど

んなお客さんを呼びターゲディングした

いかによって決定されます。

 

中小サロンが安売りして、利益を圧迫さ

せて経営を不安定化させるのか、それと

も高単価でも価値を感じてくれて来て来

てくれるお店にするのかは今後の美容室

業界全体の課題だと思います。

 

あなたがもし、今後の雇われ美容師の将

来性や美容室業界の動向などに少しでも

不安を抱えているのでしたら、今すぐに

行動たほうがいいですね。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!