どうも。いもづるです。

今回は、美容室での脱色剤であるヘア

ブリーチに関することをシェアして行

きたいと思いますな。

 

普通のヘアカラーとは違い、時間が短

時間で染まる薬として有名なブリーチ

だが、素人さんが扱ってしまうと結構

リスクが高い物で一歩間違ってしまう

と見るも無残な姿になってしまう要因

もあるんだな。

 

今回はそんな扱いが難しいブリーチ剤

の注意点や自分で綺麗に染めるコツを

シェアして行きたいと思います。

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

そもそもブリーチ剤ってなに?

ブリーチ剤とは、髪の毛の色素を抜く薬

品の事で普通のヘアカラー剤と何が違う

のかと言いますと、カラー剤は髪の毛に

「色素を入れる」のに対してブリーチ剤

「色素を抜く」と言う事になりますな。

 

髪の毛には、「メラニン色素」と言う独

自の色素が存在していて、太い毛質や赤

系に傾きやすい毛質ほどこの成分が強い

とされています。

 

従って、明るめのカラー剤を塗布しても

太い毛質の人や赤味が強い人などは色素

事態がしっかりとしているので、明るく

なりにくいと言う性質があります。

 

ここで、そのメラニン色素を分解して髪

色を明るくしてくれるのが、「ブリーチ

剤」と言う訳だな(‘_’)

 

ただし、あくまで「脱色剤」なのでそれ

なりの扱い方法やリスクと言うものがあ

るんだな。

スポンサードリンク

ブリーチ剤の注意点やリスクなど

ブリーチ剤は、1剤のアルカリと2剤の過

酸化水素を混ぜて染める薬品です。

 

普通のヘアカラーもこの様な仕組みで染

て行くわけだが、ブリーチ剤の決定的に

違うところは「施術時間」と「ダメージ

だろう。

 

特にダメージに関しては、カラー剤とは比

べものにならない位激しく出てしまい、ヘ

タをすれば毛質などによっては溶けてしま

う可能性もある(‘_’)

ではなぜこの様なリスクを抱えてまでブリ

ーチ剤を使用するのかと言えば、ブリーチ

剤を単品で使用するよりは「ダブルカラー」

のような一度色素を抜いてから希望の色を

染めると言う考え方の方が正確なのである。

 

⇒市販ヘアカラーのベージュや人気の口コミランキングに惑わされるな!

要は、外国人の様な「透明感」な色味や原

色でヘアマニキュアの様なモード感溢れる

色味と言うのはブリーチ剤でしか出せない

色であり、個性派の若者の間ではかなり重

要なアイテムとして流通している。

 

ただ、冒頭でもお話している通りチャレン

ジするときは、それなりの注意とリスクを

承知の上で行わなければならなんですな。

スポンサードリンク

ブリーチ剤にかかる施術時間や注意点は?

普通のヘアカラーの基本的な施術時間は

1時間位を目安に行っているところが多い

が、ブリーチ剤に関しては最短最速で染

めないと行けないと言うデメリットがあ

るんだな(‘_’)

 

なぜなら、「脱色剤」であるがゆえに時間

が絶てば絶つほど急激に染まっていくから

だ。

 

普通のヘアカラーはある程度の時間が来れ

ば、そこで一旦脱色力はストップするがブ

リーチ剤はその真逆で、時間が絶てばドン

ドン明るくなっていくんだな。

 

なので、施術時間と言うものをしっかりと

考慮した上で準備をしなければ色ムラの原

因になり、仕上がりが最悪な事になってし

まうんだな(‘_’)

 

基本的に、ブリーチの施術時間は10分で放

置時間が15~20分を目安にししているので

かなりの短時間で全頭を染めあげなければ

行けないと言うになる。

自分でブリーチ剤を綺麗に染める方法やコツは?次のページへ