どうも。いもづるです。

今回は、美容師の過酷な働き方や鬱とスト

レスなどについて見解していきたいと思う。

 

近年の美容師業界の現場は、労働条件や過

酷な働き方で、精神的病んでしまい退職者

が後を絶たない状態であり、診断書の内容

などを見てもストレスなどの深刻な状態に

なっているケースが多いのが事実です。

 

「昔に比べて、我慢が足りない!」とか、

ゆとり世代だとか言われているのも事実か

もしれませんが、戦後の日本は大きく変化

して便利なものが次々に増えて楽して生活

が出来るようになった反面、そのスピード

についていけない人は、ストレス社会に飲

み込まれてしまっています。

 

今回は、その辺の事を踏まえて見て行きた

いと思う。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

現代の美容師はうつ病が急増しているのか!?

あなたが、うつ病と聞いて想像する症状と

しては、やる気がなくなったり疲れやすか

ったり仕事への気力がなくなるといったよ

うなイメージがあるかと思いますが、実際

はそうではありません。

 

まずはストレスによる過食や拒食、不安や

苛立ちからの人間関係に嫌気がさしたり、

酷い場合は幻聴や幻覚まで見えたりもする

恐ろしい病気なんですな。

 

そもそも、うつ病は過度に受けたストレス

や、責任などからくるものや完璧主義で常

に完璧を求める人は自分で自分を追い込ん

でしまっているパターンがあります。

 

どんな人でも失敗はするし、完璧な人間は

いません。

 

時代がどんどん便利になるにつれ、人と人

の人間関係にトラブルが起きたりしたとき

の対応が上手くコミニケーション出来ない

人が増えて、LINEやSNSといったツールが

便利なものでなく、危険なツールになって

しまったり、現代人はコミニケーション不

足だと言えますな。

 

それは、美容師も例外ではありませな。

 

もともと美容師は接客業であり、技術職で

もあり、二足のわらじを履いています。

 

お客さんに気に入って喜んでもらうために

は、カットが上手いだけでも会話ができな

いのは欠点となりえますな。

 

もちろん技術は、当たり前でその上にサー

ビスの質や、接客のレベルが繁盛店の繁盛

したる要因でしょう。

 

そんな美容師は、ストレスもハンパなく多

くて、アシスタント時代は、先輩をサポー

トするのが仕事ですから、自分のミスは先

輩のミスにもなるからですな(ーー゛)

 

薬剤を間違えたり、オーバータイムして髪

の毛が傷んでしまったら、クレームにもな

りお店の評判にも影響します。

 

どんな人でもミスはありますが、何度も同

じミスをすれば、クビにもなる事も珍しく

ないんだな。

 

美容師が抱えるストレスは、やがて体調不

良につながり、めまいや、動悸がしたり精

神的に不安定になったりして、結果的に病

院で診察して診てもらうと、うつ病と診断

されたり、パニック障害の場合もあります。

 

うつ病は、いつなるかわからない病気です

が、すぐに治るような病気でもありません

な。

 

まずは心療内科で、自分の現状を説明して

何が嫌なのか不安なのかお医者さんに聞い

てもらって、どの程度の社会生活に支障が

あるのか判断します。

 

その上で、必要なお薬や量を調整して発作

が起きないように予防するのがベストです

な。

スポンサードリンク

原因はストレスや低賃金か?

美容師の初任給が平均的に少ないイメージ

ですが、アシスタント時代は、拘束時間に

比べて圧倒的に少ないというお店が多いで

すな。

それでも、スタイリストになると、格段に

増えるお店から、アシスタントと、あまり

変わらないお店もあり、歩合制の所もあり

ます。

 

⇒美容師の作品撮りは意味あるのか?集客に注力すべし!

労働時間に対して、休憩時間が少なくお昼

休憩も10分なんて日もありますな(ーー゛)

 

それでも最近は最低でも30分はお昼休憩を

確保するお店や、60分を小分けにして取る

お店も出てきましたし、待遇も昔に比べた

らかなり改善されたお店も多いのですがま

だまだ田舎や、昔ながらのやり方のお店も

多いのが現状ですな。

 

ただ、昔は店長やオーナーに直接意見する

ようなことはまず無かったですが、最近は

パワハラや、同僚とのトラブルなどを聞き

入れてくれるシステムや、オーナーが直々

に相談に乗ってくれる店舗などもあり、

に比べ一方的なやり方では、人が辞めてい

く時代の流れに美容師も翻弄されていると

いうことです。

 

ストレスだけでも美容師は接客業として、

かなり高度なスキルを必要としますのでプ

ロとしてお客様にお金を払っていただく以

上、お客様を飽きさせない技術と会話力も

大切ですな。

 

技術は先輩に教えてもらったり、自分で講

習会に参加して身に付ける事ができますが

接客は誰かに教えてもらえることはかなり

マニュアル的なことしかありませんから後

はニュースでの時事情報や読書、最近では

SNSなどを利用して、知りたい情報収集を

するような事も可能なので、会話の引出し

は多い方が良いですし、ヘアスタイルやセ

ット、美容に関する情報も必要不可欠です

ね。

 

そのためには、お金をかける事が大事なの

で美容師は働いてもらえる賃金よりも、

分磨きに投資するお金がかかるため、一部

の人気スタイリスト以外は、美容師での儲け

は少ないと思いますな。

スポンサードリンク

診断書の全貌がヤバい!

酷いめまいが続いたり、食欲不振になって

しまったり、動悸がしたりするようになっ

て、始めておかしいな?と気付く人がほと

んどで、気付いた時にはすでにうつ病がだ

いぶ進行している状態にあると思って間違

いありませんな。

 

そして病院で診察してもらい、診断書を見

て愕然としてしまったりするのです。

人は、気を張っている時は気が付かなくて

も、いざ病気だとわかってしまうと次々に

悪いところが出たりもします。

 

⇒男性美容師が将来悩むのは時間の無駄!さっさと行動しよう!

そして負の連鎖が続くような不安が、うつ

病の発症につながるんですな。

 

どんな人でも、多少のストレスは感じて生

きていると思いますが、過労状態にある中

で完璧を求めてしまうと心が壊れてしまい

ますので、何事も程々にを心がけて、自分

をあまり追い込まないように、うつ病とは

上手く付き合っていくことと、周りへの配

慮が必要ですな。

今後の美容師の未来はいかに!

これからの美容師は、過酷な労働ではなく

有給や休憩を確保できるような、自分の体

調をしっかり整えられる職場作りが必要で

すな。

 

病気には誰でもなりますが、うつ病は他の

病気とは違います。

 

心の病気で、人生を楽しめないなんて辛す

ぎますよね(ーー゛)

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、美容師に取っての鬱やストレスな

どの深刻な状態について見解して行きまし

た。

 

美容師は、素晴らしい仕事とか言われてい

ますが、中身は全く持ってそんな事はあり

ません。

 

マジで美容師を辞めたい人や、これから美

容師を続けていても将来不安と言う人は今

後の為に考えて欲しいと思います。

 

とにかく、美容師の低賃金から脱出して

今よりも豊かな生活がしたいと言う方は

雇われ美容師など今すぐに辞めてビジネ

スモデルを変えるべきです。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!