どうも。いもづるです。

今回は、美容師(室)に技術の失敗で損害

賠償は果たして出来るのか?と言う観点で

見解していきたいと思う。

 

過去には、美容師のパーマ施術失敗で結婚

式前のお客さんに対して490万円と言う

信じられない損害賠償請求を求める裁判も

例にあるほどである。

 

あなたは人のイメージを決めるときに、

ず何を重視して見るでしょうかね?

 

顔や体、その人が出している雰囲気や香り

性格や人間性などその人その人でまったく

異なるものですな。

 

その中でも、特に印象深いものといえば、

まず髪型が思い浮かぶのではないでしょう

かね?

 

髪型は、そのものは、その人の魅力を引き

出す鍵になっていると思いますな。

 

この魅力を引き出す髪型をもっと魅力的に

見せるために、美容室に行きますよね。

 

しかしその美容室で美容師さん本人も納得

できないほど、低い完成度に仕上げられた

どうでしょうかね?

 

今回は美容師さんのミスとも呼べる、「失

敗」をされた時の損害賠償を見て行きたい

と思う。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

美容師(室)にカット失敗で損害賠償は可能なのか!?

「そもそも損害賠償をする必要性がある

のか?」というところが、観点ですな。

 

しかしながら、自分で好みの美容室や

容師さんを選んで、施術してもらうのに

対して、ミスしたから損害賠償を求める。

 

というのは、どうなのでしょうかね?

 

行く美容室、施術してもらう美容師さん

自分がしたい髪型、どこをとっても決定

権は自分にあるのにもかかわらず、その

全責任を美容師さん側に求める。

 

というのは責任の押し付け感がハンパな

いですな。

 

時々、「お客様は神様です」とサービス

業界では耳にしますがこれに関しては

うなの?と感じますな。

 

しかし実際、損害賠償を求めることが可

能なのも事実ですね。

 

ただこれは勘違いしている方が多いよう

ですな。

 

例えば、自分の理想の髪型の切り抜きを

持って行き、「この髪型にしてください」

と頼んで施術してもらい、完成した髪型が

自分の理想とは違った。

 

この場合は、損害賠償は不可能に近いです

な。

 

まぁ〜正直この場合は、美容師さんとお客

様の意思疎通不足が原因かもしれませんな。

 

損害賠償ができる例としては、

  • 美容師さんに私物を壊された
  • 店舗内の物品の管理不足でお客様が負傷した
  • 液剤をぶちまかしてお客様の衣類を汚した

など、明らかに美容室側に不備があった場合

は、損害賠償を求めることができるようです

な。

スポンサードリンク

結婚式前にパーマ失敗で賠償金490万請求ってマジか!

結婚式、それは大半の方が人生で1回限りの

晴れ舞台ですな。

 

その結婚式前の美容室の施術で、ミスをされ

た。

 

これは、同情に値するものですな。

 

その事件の詳細はわかりませんが、損害賠償

を求めたようですね。

 

しかしその額が490万とかなり高額なもの

ですね。

 

まぁ〜実際は50万くらいで収まったようで

すが、この490万という額の高さは何なの

でしょうかね?

 

⇒美容師の客の悪口や取り合いと選ぶ本音がエグい!

そして50万の損害賠償というのも、多分美

容師さんも納得がいかなかったことでしょう

な。

 

美容師さん的には、晴れ舞台の髪の毛を任さ

れ、さぞかし誇らしかったのと同時に緊張し

ていたことでしょう。

スポンサードリンク

多くの美容師(室)は保険に入っているので高額な請求は非現実的!

美容師さんは基本的に美容所損害賠償保障

いう保険に入っていますな。

 

この保険は美容師さんを守るものであり、

上記のケースのように損害賠償を求められ

た時に対応できる保険ですな。

上記に書いたような490万の損害賠償で

対応はできますが、保証の限度があるの

そこは注意が必要ですな。

 

⇒傷んだ髪の毛を直す方法などない!修復にトリートメントは無駄!

とはいえ、実際にお客様に負傷させてしま

ったりすることは、わざとやっているわけ

ではないので、お客として美容室に行った

場合でも、多少のことは、美容師さんのた

めにも眼を閉じてあげたいものですな。

仕上がりやイメージと違う請求は意外と低い請求額になるのはなぜ?

これは、お客様自身がどこまで高いクオリテ

ィーを求めて来店されたかにもよりますな。

 

施術終了後の完成度を求めるのは自由ですが、

実際まったく同じ髪型、髪色にすることはヘ

アスタイルのプロの美容師さんでも相当難し

いんですな(^_^;)

 

⇒くせ毛と素直に付き合う奴だけがくせ毛に愛されるんだよ!

美容業界側もこのことは心得ているので

償請求の保険が出来たのだと思いますな。

 

そもそも、「自分が思っていたよりも短く

切られたなどで、損害賠償を求めてくる

お客さんもいるのではないでしょうかね。

 

こういうクレームを言うお客さんは自分で

カットやカラーをした方が納得がいくと思

いますし、自分が好きなようにアレンジで

きるので良いと思いますがね。

 

要は「まったく同じ髪型にしてもらう」で

はなくて、「近い雰囲気の髪型にしてもら

う」というイメージで美容院には行った方

良いということですな。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、美容師(室)の施術失敗に損害賠

償請求は可能になるのか?の事を見解して

いった。

 

お客さんの中には、自分の想定していた

アスタイルとは異なるヘアスタイルにされ

時に、「損害賠償を請求します。」とい

ったお客さんもいるかもしれませんが、

れは大きな間違いですな。

 

そんなことを言ったら、新商品の食べ物を

買って、「自分が思っていた味と違うから

損害賠償してください。」と言っているの

同じことだと思いますね。

 

正直そんなことを言っていたら、何をする

にしてもキリがないので、納得がいかない

ならもう二度とそのお店には行かないと心

に決めて欲しいものです。

 

それでは、今回はこの辺で。

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!