どうも。いもづるです。

今回は、美容師にとって永遠のテーマと

も言うべき労働条件や環境に付いて見解

していきたいと思います。

 

美容師っていう仕事に憧れを持った事あ

る人多いとは思うし、カリスマ美容師に

なれたらお金もいっぱいもらえるだろう

し、最高の仕事なんじゃないかなって

ってしまいますよね(‘_’)

 

もしそんな感じで美容師を目指している

者がいるんだったら先に言っておくけ

ど間違いなく止めたほうが無難です。

 

本当に厳しい世界だから一度この記事を

読んで本当に自分がなりたい職種かどう

考えてみてほしいです。

 

早速行ってみよう。

スポンサードリンク

 美容師の労働条件や環境は年々悪化している!

表向きはキラキラしてて華があるけど実

情はとてつもなく大変な仕事なんだな。

 

長時間労働で低賃金で体力的にもしんど

い仕事ってのは有名だと思いますし、

なさんも街を歩いてたら分かると思うん

だけど美容室の数がすごい増えてて競争

が激化してるから無茶な売り上げのノル

マを出すようなお店だったり、人件費を

抑える為に少ないスタッフに休みなしで

長時間労働させてお店を回させたりと元

々しんどい仕事なのにより労働環境が大

変な事になってきてるんです。

 

個人経営のお店だと社会保険が完備され

てなかったりひどい所だと給料が払えな

いから先延ばしにされたりするお店もあ

るんだな。

 

こんなのただのブラック企業じゃんって

感じだけど、実際こういうお店が少なく

ないってのが現状としてあります。

スポンサードリンク

美容師人口は多いが辞めていく人も続出している!

現在美容師として働いてる人は約50万人

近くいるんだな。

 

これを聞くとやっぱり美容師って人気あ

る仕事なんだなって思うかもしれない。

 

⇒美容学生諸君!美容師は大変で現実を見ろ!

しかし、離職率がハンパなく多くて職種

的にはダントツで一番多いんですよ(‘_’)

 

1年ぐらいで50%ぐらいの人が辞めて3

で70%ぐらいの人が辞めて5年になるとも

う80%の人が舐めるんだな。

 

マジか!

 

もちろん独立したり違うお店に移ったり

する理由で辞める人もいるだろうから単

純にこの数字の人が美容師っていう仕事

自体から離れてる訳ではないと思うんだ

けど、それにしても多い。

 

アシスタントの時期だろうから大きな理

と夢を持って美容師になった若者が現

実を思い知って辞めて行くっていうパタ

ーンが多いんですな(‘_’)

スポンサードリンク

原因は年収や労働時間か!?

やっぱり辞める理由としては、長時間労

働で体力的にもかなりしんどいのに低賃

金で割に合っていないっていうのが大き

いと思うんです。

 

美容師は基本的に毎週月曜日+1日と言

休日体系が多いから、労働時間もお店

ープン前から準備してお店が終わっ

後も練習や勉強会でほぼ1日潰れてし

し、有給休暇もないところも多くて

あったとしてもなかなかとりずらかった

りするんだな。

 

仕事的に腰にすごく負担がかかるし、薬

使うから手荒れがひどくなったりもす

るんです

 

そんなに毎日頑張って働いてるのにしば

らくはもらえる給料がギリギリ生活でき

るぐらいしか貰えない訳ですよ!

そんな中で、一般企業で働いてる周りの

友達とかに会って、ボーナスいくらもら

っただの、土日はプライベート充実して

るだの話を聞いちゃうと自分は何でこん

な仕事してるんだろうってなって考えだ

しちゃってモチベーションも下がってき

て辞めちゃうってなります(‘_’)

これからの時代はやめたほうがいい職業

これからこの業界はまだまだ競争が激

化して行くと思うんだな。

 

そうなってくると労働環境はもっと厳

しくなって行くでしょうな。

 

⇒クレーマーで落ち込み美容師辞めたい?ビジネスモデルを変えろ!

無茶苦茶な経営方針かもしれない、休

みなんてもらえないかもしれないも

かしたら給料ももっと低くなるかもし

れない。

 

美容師を目指している方、そんな仕事

ができますかな?

 

分かりきってる事だけど、この仕事は

本当に好きじゃないと続かないんだな。

 

髪を切ったりスタイリングするのが好

きで、人と話すのが好きで、人に喜ん

でもらえるのが好きで、その為なら努

力を惜しまない。

 

そんな人じゃないと続かないですよ。

そんな思いがないのならこの仕事は絶

対にやめておいた方が無難です。

最後に

いかがでしたか?

今回は、美容師の厳しい現実とこれか

らの労働環境に付いて見解していきま

した。

 

これからの時代は、特にこの様な低賃

金で労働過多の職業が不安定な人生を

歩んで行かなければならない時代にな

り、真剣に自分の人生と向き合う機会

が増えていきそうな気配があります。

 

これから美容師を目指す若者達には水

を挿すことかも知れないが、とにかく

この世界に飛び込んで来るにはそれな

りの覚悟と言うものが今後必要になっ

て来ますよ。

 

とにかく、美容師の低賃金から脱出して

今よりも豊かな生活がしたいと言う方は

直ぐにでも雇われ美容師から脱出すべき

です。

 

雇われている以上、低賃金、長時間労働

は永遠に続けく「負のスパイラル」です。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!