こんにちは。いもづるです。

今回は、美容師の年収について見解し

ていきたいのですが美容師の皆さんて

自分の毎月の給料をもらう時に、その

内訳とか店の売り上げがどこに行って

いるのかって考えた事あります?

 

コレ、真相が分かればかなりヤバイ実

態になっている事がはっきりと分かり

ますし、本質を知る事により、自分が

美容師として一生懸命お客さんの為に

とお店の利益の為に頑張ってきた事が

ホントバカらしくなってくると思いま

すが、この様な自分の年収や収入に関

して勉強しておく事はとても大事な事

なので、今回はあえてシェアして行き

たいと思います。

 

では、早速行ってみよう。

スポンサードリンク

美容師の皆さん、自分の収入の本質って考えた事あります?

美容師って基本収入が超低いと言う職

業で知られていますが、実はなぜ低い

のかと言う本質を理解していない美容

師さんが大半です。

 

しかも、今の時代の美容師さんて毎月

安定した貯金なんて出来ない人が多く

、ほとんどの美容師はその場暮らしの

生活をしているのではないでしょうか

ね(‘_’)

 

これは、別に美容師だけに言える事では

なくサラリーマンでも同じことが言える

と思いますが、特に美容師の場合は賃金

と言う部分においてはひどい労働環境と

言えるんではないでしょうかね。

 

なので、急成長している美容室で稼ぎま

くっている美容師もいれば、全く賃金が

上がらずに貯金なんて夢の話で、毎月の

生活だけでもギリギリと言う美容師がほ

とんどですよね?

 

でもこれ、本質を知れば簡単な事です。

結論から言えば、オーナーが利益を全て

取っているからです。

 

管理人個人の意見から言うと、「従業員

に還元している!」と言うような事を言

ってる経営者もいるが、ほとんどは口先

だけと思っていた方がいいですな。

 

だって、普通に冷静になって考えたら毎

月何十人とか売れっ子だったら何百人と

言ったお客さんを担当して、必死こいて

仕事しているのに毎月の給料は25万

か良くても30万とかあり得なくないで

すか?

 

みんな本当にこんなんで満足なんですか?

スポンサードリンク

オーナーとスタッフの年収の差は約4.5倍!?

今の美容室業界は、低料金化が進み価格

競争が激化して経験者の儲けも厳しいな

んて言われていますが、そうは言っても

スタッフの年収と比べたらうんぜんの差

があるのも事実です。

 

例をあげたら、ある大手美容室チェーン

などの役員報酬が従業員の平均賃金と比

べたら約4.5倍もの開きがあることが分か

り、従業員数約1500人の大手チェーン店

の平均スタッフ年収が約290万円に対し

て役員の平均年収が1億円にも上る会社

もあり、その差はまさに歴然とする。

これは大手チェーンだけに言える事では

なく1店舗や2店舗を経営するオーナーで

も同じ様な事が言えるだろう。

 

つまり、美容学校から多額の投資を行っ

て時間とお金と言う物を惜しみなく出し

てやっと数年の修行に耐えスタイリスト

になったにも関わらず、年収の全国平均

300万円にも満たない唖然とする職業

と言う事を日本の美容師は理解した上で

この仕事をやっているのだろうか?と漠

然とします。

 

管理人も13年美容師をやってきたが、

毎日毎日お客さんに気を使い自分の持て

る力を一人一人のお客さんに最大限発揮

して一生懸命仕事しているのに何にも報

われない現代の美容師環境にいい加減嫌

気が刺して、美容師人生にピリオドを打

ちました。

みんなホントに分かって仕事してるの?

これほどに自分の収入がオーナーにコン

トロールされていると言う現状にみんな

ホントに分かってるの?と思ってしまい

ます。

 

⇒美容室経営者はケチるな!スタッフが独立時顧客を引き抜く時!

要は、売り上げのほとんどが経営者に行

くのは当たり前の話だが、その差があり

すぎるのは多々問題があるように思える。

 

例えば、従業員は毎月低賃金で頑張って

いるのにオーナーだけベンツやフェラー

リを乗り回したり、自宅も高級マンショ

ンや一軒家を見せびらかしたりするのは

いかがなものか?と感じてしまいます。

 

ただ、この様に奴隷の様な環境に身を置

いていつまでも収入をコントロールされ

る立場にいる事の方が将来的にも危険な

事で、早く自分一人でも稼げる様なシス

テムを構築するとか自分がオーナーと言

う立場になり逆に収入をコントロールす

る側に立つ事が最善の方法だと言えます

な。

スポンサードリンク

美容師と言う働き方もオーナー有利になっている!

今の時代の美容師は、昔の様に社員や従

業員と言う立場だけでなく、状況に応じ

「委託」や「請負契約」と言う項目で

やっているお店もかなり多くなってきて

いるんだな(‘_’)

要は、法の穴を上手くかいくぐっている

と言う事です。

 

⇒美容師の先輩がうざい時はさっさと辞めてそいつより稼げ!

これは、全て従業員側のメリットではなく

オーナー側のメリットであり、例えば今ま

で固定として利益に関係なく一定の賃金を

払っていたオーナーは「委託」や「請負契

約」にすることによって、従業員側は完全

「個人事業主」となってしまい保険制度

や税金関係も全て自分で行わなければなら

なくなります。

 

賃金に関しても歩合と言うシステムが採用

され、集客力が多い店ならある程度の収入

になるがあまり集客力ない店やスタッフの

増加によって自分の収入が影響されると言

うデメリットが生じてしまいます。

 

従って、この様なフリーランスでの雇用が

増加している美容師業界はすべて経営者側

のメリットと言う事をしっかりと理解して

おきましょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は、美容師の年収のほとんどがオーナー

による絞り取りと言うテーマについて見解し

ていきました。

 

そうは言っても、事実でありますからこれか

ら美容師を目指す人はちゃんとこの様な事を

理解した上で決めた方がいいですよ。

 

何も考えずに、ただ外見が「カッコイイ」

らとか「オシャレ」だからだとか、そのよう

な考えだけで参入してきたら年を取った時に

必ず後悔する事になります(‘_’)

 

美容師みたいなサービス業は基本雇用されて

いる側としている側とで非常に成立しにくい

性質があり、ほとんどの新規参入者の8割は

途中でドロップアウトして辞めて行きます。

 

マジで美容師を辞めたい人や、これから美容

師を続けていても将来不安と言う人は今後の

為に考えて欲しいと思います。

 

 

とにかく、美容師の低賃金から脱出して今

よりも豊かな生活がしたいと言う方は直ぐ

にでもビジネスモデルを変えて下さい。

 

そして、直ぐに行動してください。

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!