どうも。いもづるです。

今回は、収入や年収が著しく低い美容師

の結婚についてスポットをあてて行き

たいと思います。

 

突然ですが、結婚しない方がいい3Bを知

っていますか?

  • バーテン
  • バンドマン
  • 美容師

管理人も13年間年美容師をやってきた

この不名誉な御三家に数えられる

は本当に悲しかったですね(^_^;)

 

、、が。

大いに納得出来ます。

 

実際美容師さんは不安定な職業ですし、

的資格30種の平均所得ランキング堂

々の28位にランクインしております。

 

国家資格ではなく公的資格で、です。

 

これは昔、まだ女性の社会的地位が低

った頃女性が活躍できる仕事として

美容業が始まった事(実際僕は本気を

出した女性美容師さんには営業成績で

勝てる気がしません)や所詮、生死や

生活を大きく左右する事のない贅沢費

として認識されているからだと思いま

すな。

 

医者や弁護士は必要ですが、髪の毛は

らなくても死にはしません(笑)

 

今回は、美容師の結婚は収入や年収が

著しく減っていくこれからの事を解説

して行きたいと思います。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

美容師との結婚は収入が減る事を覚悟しよう!

美容師さんは基本的に稼げません。

休みは月6日で拘束時間は平均約14時

間。

 

そこに手当の出ない撮影やミーティン

後輩の練習に付き合い指定された

講習に行き、、、実働に対する給与、

報酬は年2回のボーナスがある週休2日

8時間労働で月給25万のサラリーマンと

変わらないでしょう。

 

美容師さんと結婚したとしたら、共働

でも奥様は家事をやらなければなり

ません。

 

2人で協力して、、、というには時間が

さすぎるのが美容師さんです。

 

というか、美容師という生き物は時間に

する価値観が一般の人より欠損してい

ます。

 

予約で時間に追われてるのにも関わらず

サロンワーク以外のタスクでは納期を

ほぼ守りませんし休みはバンバン削るし

残業は当たり前の世界ですな。

 

これは業界に「見習いが自分の時間を削

て修行する美学」が根付いているから

です。

美容師見習いアシスタントは営業後、営

前に朝練夜練をして社内テストを受け、

その為に毎日先輩が1人はつきっきりで

練習を見ます。

 

なんて無駄な時間でしょうか。

 

今の時代そんなもんは動画ファイルを見な

らやればいいし、だいたい教育を受ける

側のマニュアルはどこも一生懸命作るのに

教育する側のマニュアルはどこもテキトー

です。

 

120%後者の方が大事なのに。

 

だっだらアウトソーシングしてしまえばい

でしょう。

 

一年分の外部講習費を入社時に貸し付けて

まえばいいわけであり、月返済で一年勤

務満了で50%会社負担、もしくは全額でも

いいでしょう。

 

簡単に辞めれなくなり離職率も下がります

(笑)

 

話は逸れましたが、こういった何かあった

プライベートの時間を削り対処するとい

った美容師さんの悪癖が家庭を苦しめます。

 

タイムイズマネーですよね?

 

もし共働きでお子さんが生まれたら収入は

ますし、そういった時にものを言うの

が時間です。

 

稼ぎは少ない、時間はない、プライドは高

職人気質ですからね)でも愛があれば

、愛を確かめ合う時間なんか無いです。

 

いや。作る能力が無い。

 

この時点で仕事も家庭も上手くいく見通し

ません。

 

管理人はこんな人生が一生続くのか?と思

うと絶対にもっぱらゴメンだったので、長

年美容師を本業としてきたのにも関わらず

辞めてネットビジネスにチャレンジしまし

た。

スポンサードリンク

旦那が30超えた雇われ美容師なら尚更ヤバいよ!

これはまじでヤバイですよ。

 

この時点で明確なビジョンとプランがあっ

いている人はいいですが、だいたい世

の中の大半は30〜35で独立しますから彼氏

さんに聞いてみてください。

 

  • 「今後どうするの?」
  • 「5年後に独立かな」

こういう人は毎年5年から変わりません。

 

美容室のスタッフって若いですよね?

美容室にいって30をこえた男性美容師が何

いるか数えてみて下さい。

 

5、6年くらい前からフリーランス主体の業

委託サロンが流行って来ているので、ベ

テランを揃えているサロンも多くなりました

ぁそれでも40超える人は役職持ちの方く

らいでしょう。

 

⇒美容師の先輩がうざい時はさっさと辞めてそいつより稼げ!

雇用で30超えて役職も無く若いスタッフに

まれて仕事するのはキツイです。

 

成績が良ければ出世しますからね。

美容室というのはポストが非常に少ないし

材適所に人材割り振ろうにも部署も少

ない。

 

みんなで店長の席を奪いあい、破れた人は

ていく訳で、ちなみに美容師さんの平

均月収は約22万円。

 

店長クラスでも28から35万くらいですな。

 

ただ、役職がつけばFCオーナーなど企業幹

の未来にまだ希望が持てるのと責任感

で安月給でも辞めないで続けます。

 

そして、それ以外の人間は独立を目指しま

す。

 

あとは予定が入ったら休む、ちょっと疲れ

なと思ったら休む。

 

夜予定が入ったら18時に上がる。

早い時は15時に上がります。

 

フリーランス美容師は、完全歩合制なので

が高く高給が見込めますが、社保や

税金関係を考慮した時雇用とどっこいです。

時間が出来るメリットはありますが、フリ

ンスで30万くらいしか稼げないようだ

とデメリットの方が大きいと思いますが。

 

フリーランス、業務委託形式サロンが流行

めてから雇用の会社を何らかの理由で

退社したものの独立する勇気も準備も無く

雇われと独立の中間のフリーランスに流れ

る宙ぶらりんな美容師さんが増えました。

 

雇用よりも稼げる(様に見える)し、シフ

超自由なので楽して稼げるみたいなイ

メージがついていますし、実際自分で独立

して出店するよりもリスクも時間も負わな

いので楽ですが、フリーランス主体の委託

サロンの大半は激安の回転サロンで非常に

値段が安く基本的にはマンツーマンで他ス

タッフのヘルプが使えないので月間でこな

せる指名人数は週休2日12時間労働で150

くらいでしょう。

 

事項で詳しく書きますがこれでは独立は出

せんな。

 

そもそもなんで皆独立を目指すのでしょう

か?

 

昔は、いい先生に出会い、技術を教わり、

のもとを巣立ち、自分のお店を構え

え雇用時に稼げ無くても、独立したらそれ

なりに稼げた時代でしたな。

 

逆をいうと美容師が考えるキャリアプラン

独立だけで良かったので、それ以外の選

択肢はみんな知らないんですな。

 

だから皆独立を目指すんですが、、、それ

けでは通用しなくなって来ました。

 

そうなってしまった原因が価格破壊です

な。

スポンサードリンク

独立してもライバル多すぎで価格競争に巻き込まれるだけ!

先程説明した通り美容師ブーム等を経て美

師が急増し、急増した美容師がキャリアの

の余地無く独立し、、、美容室はコンビ

の2.5倍強の全国23万軒まで膨れ上がり価格

争が激化しました。

 

あの手この手でコストや時間を短縮して値下

に値下げ、、、昔はそれなりの価格で皆顧

客をつけ独立し、お客様と一生のお付き合い

を目指しましたな。

 

⇒美容師の受賞や人気ランキングに騙されるな!

しかし、今は価格が下がりすぎて大型チェー

が展開する低価格サロンで顧客をつけて独

立しても個人独立には厳しい客単価になり経

営が難しいです。

 

逆に高単価を目指すサロンは他サロンとの差

化を図りましたが、インターネットが全て

を支配する今の世の中では情報がいつも飛び

交い新しいモノや特別なモノは無くなって

いく、もしくは次々に生まれては消えていき

差別化を図る事が難しくなりました。

 

こういった競争の中に身を投じる勇気も勝算

世の中の多くの人はありません。

 

ではどうするか?

スポンサードリンク

これからはPC1台で収入が得れるネットビジネスが圧倒的!

そもそも稼げる仕事とは、自分の身体ではな

く自分の頭と他人の身体を使うものがほとん

どです。

多くの人が目指すわかりやすい例は企業幹部

社長さんです。

 

⇒美容師の作品撮りは意味あるのか?集客に注力すべし!

自分は実際現場には立ちませんが、大きなモ

、カネ、そしてヒトを回しています。

 

会社内の人間関係を良好にする為に酒代を費

し、残業に追われ、ミーティングという名

の上司のありがたいお話を聞き、仕事ばかり

と女房に文句を言われ、、(悲しくなるので

これ以上は割愛します笑。)

 

こうして同僚との出世争いに打ち勝ちコツコ

地位を築いてやっと頭を使って自分の身体

を使わないですむ立場になったと思ったら髪

には白髪が、、そして今度は10も20も歳下の

部下の付き合いに悩み、精神的ストレスは増

えるばかりです。

 

しかし、今はインターネットの普及で20年前

10年前、5年前、、、1年前、昨日。

 

どんどんこの図式も変わってきています。

 

モノは現物ではなく可視化された情報に変わ

、カネは銀行口座の0の数とクレジットカー

になり、ポイントやネット内通貨に変わり

ました。

 

ヒトもアウトソーシング(外部委託)が主流

なり、石の上で3年もかけて部下を教育する

要もなくなりましたね。

 

毎年新卒を取る大企業は人材教育事業をアウ

ソーシングで流入し、人材教育にコスト

けても時間はかけなくなりました。

 

そして、一番大事な人間関係すらインスタグ

ムのイイねを押すだけで済みます(笑)

 

そんな世の中で、未だにサービス残業や毎日

習するアシスタントに無給で付き合いご飯

を食べずに働くのが美徳になっている様な美

容業界の今までのやり方では稼げるはずもあ

りませんな。

 

インターネットの普及は音より速く情報を伝

る様になり、会議にわざわざ予定を合わせ

て集まる事も、商談もSkype、Lineで済むよ

うになりました。

 

ヒト、モノ、カネの流動を加速させ全てを繋

でいます。

 

PC1台あれば今日にでも新しいビジネスを始

る事ができます。

 

 

管理人がサイト運営などのネットビジネスを

めたのもそういった理由があり、やろうと

決めた日にそく行動しました。

 

ネットビジネスは様々です。

やろうと思えばすぐにでも始める事ができま

す。

 

ご自宅でお子さんの面倒を見ながらでも出来

すし、旦那さん彼氏さんが顧客を持った美

容師さんならむしろ旦那さんにもやらせたほ

うがいいです。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、年収が低い美容師の今後や結婚して

未来はあるのか?と言うテーマでお送りしま

した。

 

僕は仕事でも何でもそうなんですが、出来る

か出来ないかは問題ではないと思います

 

 

やるかやらないか。それだけです!

 

 

とにかく、美容師の低賃金から脱出して

今よりも豊かな生活がしたいと言う方は

ネットビジネスで切り開けます。

 

まずは、行動あるのみです。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござ

いました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!