どうも。いもづるです。

突然ですが、美容師は病気が多く早死に

しやすい職業って知ってました?

 

なので、退職者が多い職業ですが美容師

は、接客業でもありサービス業でもあり

技術職でもあります。

 

一度にたくさんの事が出来る人でないと、

なかなか務まりません。

 

更に、代わりがいない職業だけに風邪気

味ぐらいで休める仕事ではないので、

化して肺炎になるほどでも休めなかった

り、かなり過酷な職業と言えますな。

 

早速いってみよう。

スポンサードリンク

美容師は病気が多い職業!

美容師の1番なりやすい病気が「腰痛」

です。

 

まずアシスタント時代にシャンプーシャン

プー、そしてシャンプーなのでずっと中腰

で作業し続けるので10人連続シャンプーな

んてした日には、普通に座るのもキツイぐ

らいになっても次の日に休めるわけではあ

りませんな。

 

若いうちなら、まだ何とか続けることも出

来ますが年がいけば身体に負担がかかって

しまい椎間板ヘルニアになったりもします。

 

ヘルニアは治療しても完治はなかなか難し

いので上手く付き合っていくしかありませ

んな。

 

次に悩まされるのが「手荒れ」

です。

 

美容師の職業病なだけに、手荒れとは切っ

ても切れない間柄ですが、本当に肌が弱い

人にとっては美容師人生にかかわる病気な

ので、安易に考えていると痛い目に合いま

すから、早目に皮膚科を受診して薬を出し

てもらって治したほうがいいです。

 

一番厄介な病気が「うつ」です。

 

うつは突然やって来るので、誰にでもな

る可能性があります。

うつの原因は様々ですが、美容師は特に

その場ですぐに結果が出る職業だけに、

緊張感や不安と常に戦っているので家に

帰っても安らげないとかになってくると

逃げ場のない疲労感や劣等感などいろん

な要素からパニック障害になったりうつ

の症状としてヤル気が出なかったり、誰

にも理解されずに怠け者扱いされて仕事

にいくのが怖くなってしまったりします。

 

うつになると、なかなか前向きにはなれ

ず周りにも理解者がいない場合、どんど

ん悪化して最悪入院とかにもなる病気な

ので侮れませんよ。

 

心の健康と身体の健康が揃っていて、

じめて健康な人だと思うのでどちらが欠

けていても健康ではありません。

労働環境が悪い美容師は退職者続出!

美容室の大きさや店舗数、社員の人数など

によっては、配属先がコロコロ変わったり

他店にヘルプに行ったりもする場合があっ

て、お店それぞれの雰囲気や店長さんのや

り方や客層など微妙に違うことはよくあり

ます。

 

基本的に、美容師業界の上司(店長)はど

ちらかと言うと面倒見が良い方ではなく何

でも自分のメリットを優先的に考える人が

多いです。

まあ~職人の世界ですから、自己中が多い

と言うかプライドが高い人が多すぎる業界

です。

 

しかし、そんなプライドなどハッキリ言っ

て1ミリも利益を産みません。

 

未だにこの世界は上下関係をウダウダ言う

世界なので、その辺が未だに発展しない業

界だと言えます。

 

年功序列の様な事をずっとやっていては、

一向に業界的に発展はしないでしょうし、

スタッフの労働環境も改善しないでしょ

う。

スポンサードリンク

美容師はストレス過多で早死にしやすい職業

個人的な意見だけではなく、実際に美容業

界において就業体制や賃金の不安定、社会

保険など設備の遅れているお店がほとんど

です。

 

⇒美容師が売り上げた利益の事みんな解ってやってんの!?

そのため、雇用保険に加入していなかった

り退職金がなかったりボーナスがないのは

当たり前で、ボーナス払いができず、まと

まったお金をもらったりは出来ません。

 

過酷な労働に加えて、保障も手薄ではやり

たいと思う人はこれからもっと減ることは

間違いないでしょう

理不尽なクレームに体調不良も続出!

最近、モンスターペアレントと言う言葉を

よく耳にしますが、いわゆるモンペアはお

店側には落ち度は無くても理不尽なクレー

ムをあたかも当たり前かの如く、平然と言

う人の事です。

 

そのようなヤカラみたいな当たり屋に出会

ってしまったら打つ手がなかなかなく、泣

き寝入りするしかないのが現状ではありま

すが、それで体調不良で仕事が出来なくな

ったりまだ駆け出しのジュニアスタイリス

トレベルの人が、そんな人に当たってしま

ったら、上手くかわすことができず耐えら

れなくて辞めたいと思うでしょう。

 

長年美容界を見てきて、ここ数年のクレー

ム率は確実に上がっていますな。

もちろんお店側に問題がある場合も増えて

いますが、そういったところにつけ込んで

くる人は必ずいるので注意が必要ですよ。

 

⇒クレーマーで落ち込み美容師辞めたい?ビジネスモデルを変えろ!

身につけた技術や、仕事への情熱ややりが

いを、そんな人によって奪われることは本

当に悲しいですがこれが美容界全体の現状

なんですよ。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は美容師は病気が多くて早死しやすい

職業で退職者が続出と言う事をピックアッ

プしていきました。

 

どんな仕事も決して楽な仕事はないと言い

ますが、特殊な仕事はもちろんあって美容

師もその一部だと言えます。

 

マジで美容師を辞めたい人や、これから美

容師を続けていても将来不安と言う人は今

後の為に考えて欲しいと思います。

 

とにかく、美容師の低賃金から脱出して今

よりも豊かな生活がしたいと言う方は今す

ぐに行動すべきです。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうござい

ました。

その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね!