どうも。いもづるです。

今回は、1000円カットでの失敗し

ない頼み方や注文の仕方、女性でもあ

りなのか?と言う所を見て行きたいと

思いますな。

 

自分の髪型をイメチェンをするのに「

理容室、美容室」が候補に挙がります

よね?

 

ここ最近、このヘアービューティーの

世界が変貌を遂げてきています。

 

なぜこの業界が変わってきているのか?

 

答えは簡単ですな。「お客さんがお店

行ってまで、髪を切ってもらいたい

という希望が少なくなってきている。

 

すなわち経営不振ですな。

 

この状況の打開策として最近勢いづい

ているのが、「1000円カット」

すね。

 

では、どうしてお客様からの需要が減

ってきているのか?

 

いろんな要因が思いつきますが「イメ

チェンを図るためのマネーがハンパな

く無駄」これの原因もあるんじゃな

いですかな。

 

大半の方が行かれるヘアサロンは髪を

切るのに何千円かかるでしょうかね?

 

大半のところは3千円〜4千円じゃ

ないですかね?

 

しかしこの価格の二分の一以下で髪を

カット出来るとなると、その大半の方

どうですかね?

 

1度行ってみようと思いますよね?

 

今回はその1000円カットについ

男女の差や経営面に視点を向け見て

きたいとおもいますな。

早速いってみよう。

スポンサードリンク

1000円カットでの失敗しない頼み方や注文はどうすればいい?

「髪を切ってイメチェンをしたい」

頭で考えているものの、いざどのよう

にしたい?と聞かれても、返せない方

だいたい混乱するでしょうな^_^

 

理由は完成イメージが仕上がっていな

いからですね。

 

どのヘアサロンでもそうですが、1番

最初に完成イメージを美容師さんと共

有しますよね?

 

この共有するという共通のイメージが

ないとどんだけ上手に切られてもミス

されたと思えてきちゃいますね。

 

ではオーダーを申し出る時何というか?

 

「完成図を頭で思い浮かべ的確に繊細に

伝える。」これができれば大丈夫ですな。

 

ただ、それが中々難しいもの。

 

1000円カットのお店では、縮毛矯正

をかけたり髪に色をいれたりすることは

建物の構造上の絡みで不可能なので「こ

れなら出来そうというボーダーを決め、

オーダーしましょう。」

 

自らで判断が無理の時はスタッフに聞き

アドバイスをもらうのもありですな。

 

そして自分の髪のくせ、質など事細

かく教えておくのも必須ですかね。

 

そうすると、それを踏まえた上での対応

をしてくださると思いますな^_^

スポンサードリンク

1000円カットで女性はありなのか?

もちろんアリですな。

 

しかし、世間から見た1000円カット

の印象は果たして良いものでしょうか?

 

「安く髪を切れちゃう」=「美容師のサ

ジ加減で適当に切られる」と勝手な想像

をする方も存在するのではないでしょう

かね。

この考え方は女性に限らず、男性も思っ

たことがある方もいますよね?

 

⇒セルフカットでツーブロックは失敗するからやめろ!特に後ろ!

実は、1000円カットの美容師、理容

師さんは意外にといっては失礼ですが

は確かなスタイリストが多いですな。

 

カットなどの技術が下手だから安いとい

うのはスーパー誤解ですね。

 

逆に、カットなどの作業を、数少ない

容師さんで手早くこなすと考えれば、腕

が確かなのは明白ですな。

(店舗にもよると思いますが)

 

また、女性的には美容室のカットの値段

高いから行けない。

 

理容室は基本男性が行くという印象から

行きにくい。

 

と考える方には1000円カットは最適

かもしれませんな。

 

ただ、こればっかりは価値観の問題なの

で高料金のサロンがちゃんと一人一人時

間をかけて丁寧に施術してくれると感じ

る人は、そちらを選んだ方がいいかもし

れませんな(ーー゛)

 

近年、「女性が通いやすい」をコンセプ

トにした1000円カットが増えて来て

いるのも事実ですし、ましてや女性の方

が髪を切る量も多く、同じ1000円で

男性よりもお得感があるのでオススメ

と言う味方もある。

スポンサードリンク

最近の1000円カットはかなり進化しているのか?

ここ最近の1000円カットは進化とい

うよりもとにかく活気があります。

 

1000円カットの売りとして、効率を

最大限に求めた手早さが挙げられますね。

 

⇒福山雅治はツーブロックのくせ毛で短髪!通う美容院やスタイリストは?

美容室でいうとシャンプーやヘアブロー

理容室でいうと顔の産毛剃りなど極力髪

を切るということ以外は省いて、必要最

低限のことを行いお客さんの回転率を上

少しでも多くのお客様の髪を切るとい

う趣旨から成り立っていると思いますな。

 

この、「お客様の回転率を上げる」とい

うことは理容、美容業界にとどまらず衣

食住のほとんどの業界で行われています

ね。

 

美容、理容業界の「ファストフード店」

みたいな感じでしょうかね^_^

とは言ってもスタイリストによって仕上がりに差がある!?次のページへ